ネット

本を売るならメルカリが高く売れる?

本を売るならメルカリが高く売れる?

漫画や本を売るならメルカリ

買ったけど読まなくなった本はありませんか。
そんな場合は早めに売りに出しましょう。

いま、本を売るなら、メルカリが断然おすすめです。
ここではその理由についてご説明します。

メルカリはフリマアプリとして知られ、年々業績を伸ばしています。
テレビCMも流れているので、聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
個人間で売買ができるという画期的なシステムです。

本を売るならメルカリをオススメする理由としては、何と言っても高値で売れる可能性があることです。
古書店に下取りしてもらうと、すぐに現金化される代わりに、査定額が低めだというデメリットがあります。

メルカリの場合は、どうしてもその本が欲しい!と思って探している人がいたら、結構高い値段で売れることがあります。
メルカリは基本的に早い者勝ちで購入できるシステムなので、出品後すぐに売れることが結構あるようです。

注意すべき点としては、10%の販売手数料が取られるので、それを加味した価格設定をする必要があります。
また商品の撮影や説明、梱包や発送といった作業をすべて自分で行わなければなりません。

最初のうちは戸惑うかも知れませんが、慣れてくればこの工程が楽しくなってきます。
本を少しでも高く売るために、メルカリに挑戦してみましょう。
絶対にお得ですよ!

メルカリで本や漫画を売るコツ

本を売るなら、メルカリが便利です。
まず、出品の手間がかかりません。

メルカリには、バーコード出品という方法があり、本のバーコードをスキャンして、写真を撮るだけで出品が完了し、説明文と販売する時のおススメ価格(相場価格)が自動で入力されます。
価格を訂正できるし、説明文に本の状態を付けたすこともできます。

送料を抑えられるのも、メルカリで本を売る大きなメリットです。
メルカリでは、送料込みの販売価格で出品するのが普通ですが、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットを使えば、A4サイズで厚さ3cmまでが全国一律175円で発送できます。

メルカリでの出品価格は300円以上と決まっているので、最低価格の300円で出品した場合は、手数料30円と送料175円を引いて、95円が売上金になります。

最低でも95円は手に入るわけです。
もちろん、人気の本や新しい本はもっと高い値段で売ることができます。

メルカリでは、なかなか売れない場合は、再出品をすることもありますが、本は、タイトルで検索をして購入する人が多いので、再出品の手間をかけなくても売れやすいのもメリットです。

メルカリで本を売る場合は、なるべくたくさん出品するのがポイントです。
ゆうパケットを使えば、文庫本なら1度に2~3冊送ることができるので、まとめ買いの場合は送料分値引きします、などと書き加えておくと、複数購入してくれる人も出てきます。

本を売るならブックオフよりメルカリ

雑誌や書籍を読むのが好きですが、本は嵩張るので一度読んだら売るようにしています。
今まではブックオフで売っていました。
ですが、店頭まで重たい本を持っていかないといけないのと、売れても値段があまりに低いのとで、かなり不満でした。

メルカリを始めてからはメルカリで本を売るようにしています。
出品も楽で、写真を撮ってから裏のバーコードを読み取ると、そのまま情報が出品ページに反映されるので、入力の手間が省けます。
しかも、売れやすい相場の値段も教えてくれます。

なんどか売ったのですが、ビジネス書は売れやすく、高値でも取り引きできるので、本を売るならメルカリが断然お得だなと実感してます。
ビジネス書で新しくて人気な本は、定価に近い金額でも売れました。

いいねの数や閲覧数などの数値を見ながら、数値に応じて値下げなどをすれば、割とすぐに本が売れます。
ファッション雑誌も、以外と売れやすいのですが、女性誌の場合はメルカリのネコポスのサイズに合わなくて、発送料が高くつくこともあるので要注意です。

私は、雑誌を買うときはメルカリで発送しやすいように、ミニサイズの女性誌を買うようにしてます。
雑誌も書籍も、メルカリならかなり高値で売れますよ。

Return Top